葬儀の種類の多様化の中、寺院で心温まる葬儀を和風イメージ

  • 2021.08.20

大切な方が亡くなられた際に執り行われる「葬儀」ですが、近年この葬儀スタイルの多様化が一気に進んでいるといわれています。これまで葬儀は、ご自宅、寺院、葬儀場・斎場、などで行われることが一般的でした。

葬儀の種類でいえば、一般葬、家族葬、密葬、社葬、自宅葬、自由葬、一日葬、直葬、自由葬などが挙げられるかと思います。

新型コロナウイルスの感染拡大が起こってからは、感染予防のための関係もあり、直送と呼ばれる火葬式や一日葬を選ばれる方が日本全国で増えたといわれています。

どれが良いか悪いかというものはありません。どの種類の葬儀を選ばれるかは、亡くなられた方のご意志や遺言であったり、ご遺族様が自由に選択することができます。

家族葬や密葬、1日葬、直葬、樹木葬などの自由葬は会葬者が少ない特徴があるともいえるでしょう。

葬儀の後はどうしたらよいのだろうか。納骨やその後の供養はどうしたらよいのだろうか。

こんな不安を抱えられている方はいらっしゃいませんか?

葬儀のことでご不明なことなどがございましたら、お近くの寺院に相談してみることも1つの方法です。

山梨県南アルプス市にございます、日蓮宗松久山「蓮経寺」(しょうきゅうざん れんきょうじ)では、ご遺骨の永代供養もお受けしております。

葬儀や法要、法事についてもお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから